金は色合いと輝きのもつ魅力、そして産出する量が少ない為希少性が高い金属です。

古代より人類と深い関わり合いを持ち、遡ること紀元前3000年頃より、使われ始めたと言われています。
産出する際は金色の状態で、地中や川で発見され、加工技術が乏しい時代でも、融点(金属が溶ける温度)が1064℃と比較的低く、容易に金塊にすることが出来ました。

特性としては、錆びることなく輝き続け、非常に柔らかく加工しやすいことです。
古代の人々、特に時の権力者に愛用され続け、金の保有量がその人の権力を表していました。
現代においても、金は権力や富の象徴として憧れの貴金属です。
プラチナも同じように装身具としての地位を確立しましたが、2010年頃より徐々に金を使ったジュエリーも復権しています。
現在では、様々なブランドが積極的に金のジュエリーやアクセサリーを展開するようになりました。

また、金は他の貴金属と混ぜて使用することができます。
銀・銅・パラジウム等と混ぜ合わせることにより、色合いを変化させることができ、ホワイトゴールドやピンクゴールドといった色味の変化も楽しめる大変魅力のある貴金属です。

金をジュエリーに使用する場合、日本独自の表記ではK24、K18といった24分率で純度を表し、海外では1000分率を使用した1000、750、インゴットでは999.9(フォーナイン)という刻印表記をされます。
Contact