タングステン

タングステンは比重が大きい為、目を閉じて掌に乗せると金製品と間違えてしまう程ズシリとした重量感があります。
10年ほど前に金相場が高騰した際、タングステンの塊に金の板を張り付けたモナカの様な偽物が出回った事もありました。

タングステンは工業製品の材料としては非常に希少な金属です。
近年になり、ステンレスと同様にジュエリー市場に流通し始めました。
重さを感じるため、金製品に近い装着感をもたらす事ができます。

非常に硬い素材の為、複雑なデザインには適しておらず、シンプルなデザインのジュエリーが主となっています。
ステンレスジュエリー同様にサイズ直しが出来ないものがほとんどです。