K18

K18という刻印は「K」が金を意味し、「18」が含有率を示しています。
100パーセント全てが金の場合K24と表記し、75パーセントが金の場合、K18と表記します。  
計算式で表すと、【18÷24=0.75】となり純度が75パーセントであることを意味しています。

K18は純金(Au)と銅(Cu)や銀(Ag)等、その色合いや用途により、配合を変えて混ぜ合わせます。
金以外の25パーセントは割金と呼ばれ、他の金属を使用しています。
異素材を混ぜ合わせる事で、非常に柔らかい金に硬度を持たせることができます。

純金のままでは宝石を留めても爪が曲がりやすく、外れやすくなる為適しませんが、K18にすることにより爪に強度を持たせ、加工しやすくしています。

石が留まっていないシンプルなリングであればK24(純金)等もありますが、石を留めるデザインの物は、石爪が変形しにくいK18をジュエリーに使用します。

K18と海外製品の750という刻印は同じ純度の金になります。

日本は独自の純度表示に24分率を使用していますが、外国ではほとんどの国が1000分率を使用しています。
100パーセント=1000=純金という表示です。
Contact