ブルー・トパーズ

ブルー・トパーズは比較的大きいサイズの原石が産出され、研磨された宝石も大振りが多く
透き通るような蒼の輝きは、すがすがしい佇まいを持ちます。
このみずみずしいような蒼色は本来地中の自然放射線により発色されます。
しかし、自然界で深い色合いのブルーは少なく、希少とされており
淡いブルーのトパーズに、人為的に微細な放射線を照射するとピュアなブルーへと変化します。

主要な産地はブラジル・ミナス・ジェライス州とエスピリト・サント州になり
両州は特にアクアマリンも産出する地域です。

現在、市場で販売されているブルー・トパーズは、上記のような人為的に処理を施されている物が
多く見受けられますが、人体への影響はないとされており
あまり過敏になる必要なない宝石かと思われます。

ブルー・トパーズはモース硬度8で硬い宝石に分類されるため、安心してご使用できる宝石の一つで
大粒で輝きの強いジュエリーは存在感が高く人気のある宝石です。
Contact