パイロープ・ガーネット

パイロープ・ガーネットはケイ酸塩物質の中にマグネシウムという元素を含む事により炎の様な色合いを発します。
赤色というより透明感のある赤褐色という表現の方が石の色に近いです。

ボヘミア(現在のチェコ)で産出されていましたが、現代ではアメリカ・アリゾナ州や南アフリカ、オーストラリア、タンザニア等世界の広範囲に鉱山があります。

パイロープ・ガーネットの宝石としての歴史は古く、旧約聖書の「ノアの方舟」の灯火だったとも言われております。
特に18、19世紀のヨーロッパで大流行し、ヴィクトリアンやアールヌーヴォー期のジュエリーにも多くのパイロープ・ガーネットが使用されました。

名前の由来はラテン語の「グラナトゥス」=種子・穀粒やギリシャ語の「パオロープ」=炎が起源とされています。