カラット(karat)

カラット(karat)は金の純度を示す (K)として表記、刻印されています。

 

K24を純金として24分率を使用した表記方法です。

宝石の質量を表す単位(carat)とはカタカナでは同じでも意味合いが異なります。

 

カラット(K)表記は日本では広く浸透しており、K18やK14等、金製品の多くはカラット表記を用いています。

海外では1000分率を使用する事が多く、K24=1000、K18=750という表記になっていますが、意味は同じです。

 

日本では数字の頭にKを表記しますが、アジア諸国では数字の後に使用されることが多く見受けられます。

24K、22K、18K、14K等の表記になり、ジュエリー業界では後K(アトK)と呼ばれ、日本製か海外製か判断する材料の一つです。

Contact