ルベライト

ルベライトはトルマリングループの宝石で、赤いカラーのトルマリンの呼称です。
鉱物としての基本形はアルミニウム硼酸塩鉱物ですが、そこに様々な異元素が複雑に混入することで
さらに強い二色性特性が多種のカラーを生み出します。

ルベライトは濃いピンク~赤の色合いを示しますが、加熱することにより赤みが強くなる為、市場で販売されているものは
ほぼ加熱処理や放射線照射処理が行われています。
赤茶色が強い色を450℃から650℃ほどに加熱すると、濃い赤色に変化します。

ルビー等に比べると大きめの原石が産出されるため、自然と大振りのジュエリーになり、その色合いと風格は見る者をひきつける魅力を秘めています。

原石のもつ色合いにより、宝石名が変わるのもトルマリングループの宝石ならではです。
ルベライト以外にもピンク・トルマリン、グリーン・トルマリン、パライバ・トルマリン、インディゴライト等の様々な宝石が存在します。

主な産地はブラジル・ミナスジェラス州・イタチャイヤ鉱山が有名です。