錆とは、金属表面の金属原子が大気中の酸素や水分と結合し、酸化還元反応を起こした状態です。

ジュエリーの場合、純金や純プラチナ製品は他の貴金属を混ぜ合わせていない為、酸化(腐食)が起きる事はまずありません。
しかし、高純度のままでは金・プラチナは柔らかすぎる為、他の金属(銀・銅・パラジウム等)を混ぜ合わせ、加工や使用に適した硬さを持たせています。

合金にする為に混ぜ合わせた金属は水分や酸素の影響を受けて酸化し、錆ができます。
但し、金やプラチナの含有量が多いジュエリーがほとんどですので、鉄の様に朽ち果ててしまう事は極めて稀です。
貴金属であれは、表面が黒っぽく曇ってくる、赤みが出るのは錆や硫化が原因の場合が多いです。
シルバー製品は、空気中や手の硫黄と反応する硫化によって黒く変色するため、表面にロジウムコーティングをかけて仕上げます。
Contact