シトリン

シトリン(黄水晶)はモース硬度7、比重2.26、屈折率1.544~1.553のクオーツ(水晶)です。
屈折率はアメシストと同等で、成分に鉄を含み黄色味を帯びています。
天然のシトリンは稀で、現在市場に流通しているものはアメジストを加熱処理したものがほとんどです。
アメジストを約450℃に熱するとシトリンの色合いに変化します。

シトリンは取れる産地により加熱後の色の濃淡が変わる特殊な宝石です。
ブラジルのバイア州で取れるアメジストを加熱して得られるシトリンはバイア・シトリンとも呼ばれ、色は淡い黄色です。
同じくブラジルのグランデドスル州で取れるアメジストを加熱すると最も色が濃く、かつ赤みを帯びたシトリンになります。
シトリンの赤みが強い色合いは、ポルトガル領のマンデラのワイン色に似ている事からマンデラ・シトリンと呼ばれています。
Contact