925

「925」の刻印は素材がシルバー、銀であることを示すために刻印されている場合がほとんどです。
数字の意味は純度、含有率を示しており、素材の92.5%が銀でできていることを表します。

100%銀を使用した素材も存在しますが、特にジュエリーに使用する場合は925として使用することが多くなっています。
理由として、他の貴金属にも言えることですが純銀や純プラチナ、純金は素材として柔らかく、表面に傷がつきやすいという難点があります。
加工、使用する上でも純度100%はあまり製品には向かないのです。
あえて純度を下げ、残り7.5%に銅を使用することにより、堅さを持たせ、ジュエリーとして扱いやすくしております。

92.5%の銀と7.5%の銅を混ぜた素材はスターリングシルバーとも呼ばれ、ブランドによっては「STERLING 」の刻印のみ入っていることもあります。

他にも刻印として950や900の銀製品もあり、950は製作工程が鋳造でなく直接加工の場合に多く、900は銀貨に使用していた素材を元にジュエリーを作成するため「コインシルバー」と呼ばれます。

銀の歴史は古く、宝飾品としては紀元前3000年頃のメソポタミア文明を築いたシュメール人の遺跡からも発見されています。

古来より魔除けとしても重宝されてきたシルバー。
抗菌効果もあり、毒に含まれるヒ素化合物と反応して変色するため食器としても使用されてきました。
ギリシャ神話の中でも月の女神アルテミスは銀の馬車、弓、矢、鎖、サンダルを使用すると書かれています。
素材の特性上、汗や皮脂と反応し硫化して黒くなりますが、専用のクロスで磨くことにより輝きを取り戻します。
Contact