ゴールド

一昔前は、どんな純度のゴールドも色合いは黄色みを帯びていた為、24金 18金 14金等、純度で呼んでいましたが、近年、金に混ぜる貴金属の種類を変え、色合いの調整が出来るようになり、〇〇ゴールドという呼び方が普及しました。

近年流通しているピンクゴールドやホワイトゴールドをピンク金、ホワイト金、赤金や白金とは呼びません。
当時、ホワイトゴールドがジュエリーメーカーによって作られるようになった時、ホワイト=白、ゴールド=金では白金(プラチナ)になってしまう為、消費者の誤解を防ぐ意味でもホワイトゴールドという呼び方に統一されました。