真鍮(Brass)

真鍮(Brass)は黄銅とも呼ばれ、銅(Cu)と亜鉛(Zn)を混ぜ合わせた合金で、5円玉にも使用されている身近な金属です。

金よりも色合いは若干薄く、綺麗な状態であれば輝きます。
色味が金に近いことを利用し、金の代用品として古くから使用されてきましたが、時間とともに酸化し黒く変色する為、プアーマンズゴールド(Poor man’s gold)とも呼ばれています。

皮脂にも反応するため、素手で触ったところは変色していきます。

真鍮は硬さと加工しやすさを併せ持つため、アクセサリーに使用されやすい金属です。
イヤリングの金具やネックレスの留め金・丸カン等に多く使われています。
真鍮はそのままだと酸化しやすい為、表面にメッキを施し、金やプラチナに見えるよう加工されている場合が多いです。

伸展性も良い為、楽器にも使用されています。
ブラスバンドは真鍮(金管楽器)を使用した楽団です。
Contact