K18GP

本来金メッキ製品に刻印を入れることはしませんが、メッキの場合混同しないようにK18GPと刻印し、金ではないとわかるようになっています。

形が似ていて本物の金を使用した製品が有る場合、間違えないように刻印を入れます。

メッキではない場合は素材に合わせ18金で有ればK18や750と刻印されます。

ネックレスなどは留具部分に地金の品位(純度)が刻印されている場合が多く確認しやすくなっています。

金メッキアクセサリーに使用される素材は銅や真鍮等が多く、比較的安価で大量生産できる為、K18を極々うすく貼り付けることにより、金の様に見せています。

貼り付けたと言っても金の層は3~5μ(ミクロン)という厚さでmm(ミリ)に換算すると1000分の3mmとなり、ほぼ厚さが無いに等しい状態です。

その為、品物の重量が1Kgあっても金は限りなく0グラムに近く、重さとして抽出はできません。

メッキはあくまで異素材を金の様に見せる技法のため、ネックレスや指輪など身につけていると、物や皮膚とすれ合い、いずれ剥がれてしまいます。