K18WG

K18WGは金(Au)にパラジウム(Pd)を主な割金として混ぜ合わせ、色合いをホワイト系に近づけた金属です。

各ブランドによって割金に含まれるパラジウムや銅(Cu)や銀(Ag)の含有率が異なります。

K18WGは白っぽい金色のため、仕上げにロジウムコーティングをかけることで銀色に仕上げます。
ホワイトゴールドは長年の使用によりコーティングが剥がれ、徐々に黄色みを帯びた地金の色に戻る場合があります。
元の銀色に戻すためには、磨き直しをかけ、再度ロジウムコーティングが必要です。

プラチナ価格の高騰に伴い、代用品としてK18WGは日本に普及したのですが、近年では、割金につかうパラジウム価格がプラチナよりも高騰した為、代替品ではなくプラチナよりも高くなる場合があります。

割金にパラジウムを使用することにより地金が硬くなる為、イエローゴールドに比べ変形に強く、プラチナでは難しいリング幅が細いデザインも制作可能です。
Contact