パパラチア・サファイア

サファイアとは、コランダム鉱物の中で赤色のルビー以外の総称ですが、中でも特別なパパラチア・サファイアというファンシーカラーの宝石が存在します。
名前の由来は、産出国スリランカの言葉で「蓮の花の蕾」という意味です。
その色合いはピンクがかったオレンジ色で「ピンキッシュ・オレンジ」や「オレンジッシュ・ピンク」といった色を表現することが非常に難しいほど、美しいカラーです。

このパパラチア・サファイアは、スリランカ最大の宝石鉱山ラテゥアプラに隣接するナディティガラ鉱山などから産出されていますが産出量が極端に少なく、人為的に加熱処理などをしても色の再現が非常に難しいため、サファイアの王者と絶賛されるほど希少な宝石です。

人為的処理が加熱のみの場合、鑑別書には「別名 パパラチア・サファイアと呼ばれています」と表記が可能ですが、拡散加熱処理(色の変化を目的とした外部からの元素を拡散加熱する処理)の場合、「パパラチア」の表記は使うことができないほど、厳密に分類されています。

Contact