スペサルティン・ガーネット

スペサルティン・ガーネットは他のガーネットと違い非常に透明感のあるオレンジ色をしています。
このオレンジカラーはマンダリン・オレンジとも言われています。
宝石自体に非常に透明感があるため、宝石のカット方法によって透明感のある雫の様な雰囲気を醸し出します。

スペサルティン・ガーネットはマダガスカル、タンザニア、ブラジル、スリランカ、アメリカ、ナミビア、ミャンマー、ノルウェー、オーストラリアの広範囲で産出されます。

他のガーネットに比べ屈折率が1.810と高く、カットにより非常に上品な輝きを得る事ができます。
石名の由来は最初の発見地 ドイツ・バイエルン州の地名「シュペッサルト」とされていますが定かではありません。
Contact