グリーン・トルマリン

グリーン・トルマリンの色の起源は結晶内にある鉄分が由来しており、鉄分の量により、色の濃淡が変わります。
また、「グリーン」といっても、その色合いは様々あります。
ピュア・グリーン、イエローイッシュ・グリーン、ブルーイッシュ・グリーン等、組成中の成分量の違いにより、色合いが変化します。
また、石によっては、自然光と人工光では輝き方に違いを持つものもあります。

トルマリンは、原石時は黒みや褐色みを帯びているものが多く、より色合いを鮮明にするために加熱処理を施されている場合があります。
しかし、最大650℃と、宝石では比較的低温の加熱の為、宝石自体の素材耐久性の劣化はほとんどありません。

グリーン・トルマリンのモース硬度は7~7.5でジェムクラスであれば、比較的透明感も高う、お使いいただきやすい宝石です。
しかし超音波洗浄器を使うとその振動などで、元々石にヒビ等があると、大きくなる可能性があり、注意が必要です。
Contact