レッド・スピネル

レッド・スピネルは、鮮やかな赤色からストロベリーレッドやスウィートレッドと称されるボディカラーを持っています。
その色合いからルビーの類似的存在の宝石でしたが、透明感あふれる質感と色合いにより
高品質のレッド・スピネルはルビーとは違う魅力あふれる宝石です。

主な原産地は一般的にタンザニアのトウンドゥル鉱山、スリランカのラトナプラ鉱区や
ミャンマーのモゴック鉱山が有名で、特にモゴック産が最良質の原石が多く産出されています。

1783年に科学者ロメ・ド・リールがルビーとは違う宝石であると宣言するまで
ルビーの変種として取り扱われていた歴史があります。
名前の由来は、多くのスピネルの原石がダイヤモンドの原石と同様に正八面体をしており
これがトゲに似ていることからラテン語でトゲを意味するスピナが転じて、スピネルと呼ばれるようになりました。

レッド・スピネルのモース硬度は8、屈折率1.718と鮮やかさと強さを持ち合わせた非常に優秀な宝石です。

Contact