金歯

金歯は噛み合わせを考えるとある程度の強度が必要です。
すぐに変形してしまう純金は、ほぼ使われていません。
金歯はK14(58.5%)位の純度で作成されていることが多いです。
特に奥歯は、噛む圧力が強く掛かる為、硬い(金の含有量を減らした)金が使用されます。

買取の際、金歯以外の付着物があると断られるケースもあるようです。
火を入れて溶かすことにより不純物を取り除くことが可能なお店であれば、買取できることも多いです。