ネフライト(軟玉)

ネフライト(軟玉)の歴史は古く、古代中国では武器、装身具等として利用されていました。
鉱物種は角閃石族(アンフィボール)となり、ジェダイト(硬玉)の
輝石族(パイロキシーン)とはまったく違う鉱物です。
世界に広く分布しており、ニュージーランド、アメリカ、ロシア、カナダ、中国、台湾等から産出されます。
カラーはグリーン以外にブラック ホワイトなどの色があります。
本体は不透明から半透明で黒点等を含有する特徴もあり、様々な雰囲気を楽しめる宝石の一つです。

2008年のオリンピックのメダルにホワイトやブラックのネフライトをあしらったことにより
人気に火が付き、ロシアの鉱山では年間産出量が5倍に増え
価格も上昇しています。比較的大きな塊で原石が出土されるため
現在もいろいろな装飾品に利用されており、その最たる加工元は中国です。
中国の彫刻技術は世界有数で、数千年間に渡りネフライトを「ユー」=「玉」と呼び、大切にしてきました。

中国では昔からネフライト(軟玉)のみが採掘され、ジェダイト(硬玉)は
18世紀にミャンマーより初めて中国に入ったとされています。
Contact