K10

K10は金を使用したジュエリーに見られる刻印で、全体の約41.6%が金(Au)で出来ている事を表しています。
残りの58.4%は銀(Ag)や銅(Cu)等になります。

純金の価格が2008年以降に高騰した為、K18など金の含有量が高い金属でジュエリーを製造すると、今までより価格が高くなってしまいます。
各ジュエリーブランドはよりお求めやすい価格にする為、純度をさげたK10のジュエリー開発を進めました。
各ジュエリーブランドが取り扱いを始めた為、日本でも広く浸透しています。

海外では日本と違い、K18(750)より純度の低い金をジュエリーに使用することが多いです。

同じ大きさのジュエリーで有れば、K18で作るよりK10で作る方がコストを抑えて作ることが出来ます。
但し、K10はK18に比べ金属自体が硬くなり、多数の石を留めるデザインには向いていない場合があります。
硬くなると変形しにくいメリットがありますが、硬すぎると脆くなる傾向があり、極細の石爪等は石留め時に爪が折れやすく、加工しにくくなるというデメリットもあります。
K18に比べ純度が低い為、黄色みが薄くなっています。
Contact