ペツォッタイト

ペツォッタイトは2002年にマダガスカルにて発見された新種の宝石です。
ボディーカラーは鮮やかなピンク色をしており、マダガスカルでも限定された地域マダガスカル・アンバトヴィダ鉱山のみ唯一産出する宝石です。
宝石名の由来は、新種宝石申請をしたペツォッタ博士に由来しています。

ボディーカラーのピンク色はモルガナイトと同様のマンガン元素に由来しています。
しかし、この宝石の最大の特徴は化学組成の中にセシウムとリチウム両元素が多いことです。
そしてその両元素のいずれかが、ベリルの重要な主成分であるベリリウム元素と置き換わっています。
このプロセスを踏まえたのがペツォッタイトになります。

モース硬度8と硬い部類ですが、宝石結晶内の内包物(インクルージョン)が多くそのため、衝撃に弱い場合があります。
またインクルージョンにより本来透明なはずの結晶は半透明に近い透明度になっています。
そのため、産出された原石のほとんどは、人為的に透明度の改善を目的とした無色透明材による含浸が行われています。

Contact