メレー・ダイヤモンド

メレー・ダイヤモンドはジュエリーに無くてはならない存在です。
通常のダイヤモンドと同じく、原石の形や色、品質は千差万別あり、産出国とその鉱山によって特色が異なります。
色は無色、イエロー、ブラウン、グリーン、等様々あり、色合いやクラリティーは大粒ダイヤと同じ基準ですが、鑑定機関では研磨された0.2ct未満のダイヤモンドは
特殊なダイヤモンド(ファンシーカラー等)以外、4Cの等級付けを行いませんので熟練のバイヤーによって丁寧に仕分けられています。

元々はメレー・ダイヤモンドはベルギーのアントウェルペンやドイツのイーダーオーバーシュタインなどで盛んに研磨されていましたが
第二次世界大戦以降には戦後の復興と共に職人の工賃が上がり、ドイツは研磨地から徐々に退きました。
一方、1960年代にインドの研磨産業が急速に力をつけていき、近年のピーク時には研磨職人が100万人を超える規模になっており
インドの研磨シェアは世界の80%ほどを占めているといわれています。
小さいメレー・ダイヤモンドはインドに集約されていますが、特に良質のものは、タイやバンコクに集まり、ラウンドブリリアンカットや時計用のシングルカットの研磨がなされています。

Contact