SPM

SPMとはサンプラチナ(Sun Platinum)と言う造語の頭文字です。

PMという表記があるので貴金属と混同されがちですが、ニッケル85% クロム11%、シルバー3%、その他1%を混ぜた合金で、プラチナは含まれていません。

SPM製品にはプラチナ特有の重量感が無く、見た目より非常に軽く感じます。
素材もプラチナより黒ずんで見えます。
しかし、銀の様にすぐ流化して黒くなるわけではない為、昔はプラチナの代替品として市場に出まわっていました。

近年、ジュエリー業界ではアレルギーについて考慮されていて、人体に直接触れるアイテムはアレルギー反応が起こりにくい金属で製品を作っています。
日本の場合は、ニッケルをピアスの針やキャッチには使用しないようにしています。

主たる金属であるニッケルは、汗や体液でイオン化しやすい金属で、あまりジュエリーには使われなくなりましたが、ニッケル自体は日本の硬貨にも使用されている私たちの身近にある金属です。