Pt950

Pt950はプラチナ(Pt)を95%(千分率で950)含んだ製品であることを表しています。

純プラチナ(Pt999)は柔らかい金属のため、そのままではジュエリーの素材としては使用しづらいという難点があります。
割金として、パラジウムを10~15%程混ぜることにより、ジュエリーに適した貴金属になります。

日本ではPt900やPt850が多くジュエリーに利用されていますが、海外では「プラチナ製品は純度95パーセント以上にする。」という決まりが有る為、海外ブランドの多くはPt950を使用しています。
しかし、日本やその他の国々で作られたジュエリーも輸入されているため、海外のマーケットには多岐にわたる純度のプラチナが販売されています。

Pt950は、プラチナとしては高純度・高品質ですが、パラジウムを混ぜただけではあまり硬くならず、強度が上がりません。
そのため、ルテニウム(Ru)を2パーセント程プラチナに混ぜることにより飛躍的に硬い金属に仕上げます。
ルテニウムは融点が非常に高い2500℃のため、鬆(す)と呼ばれる極小の穴が出来やすく、加工に技術が必要になります。

純度が高く、高い技術が必要な為、通常のPt900より若干価格が高くなっています。
Contact