カラー(color)

ダイヤモンドは無色透明のイメージが強いですが、すべてが無色透明ではなく、その大半は極わずかに色合いを帯びています。
この微細な色合いの差をランク付けしたものがカラーグレードと呼ばれています。

カラーグレードの中で、無色透明の最良とされる色合いは、ダイヤモンドの頭文字「D」をとってDカラーと呼ばれ
Dから始まり、降順していくほどに黄色味が少しずつ強くなっていきます。
DからFまでのグレードは無色に分類され、GからJあたりはほんのわずかに黄色味を帯びてきます。
Kから黄色味が強くなるに従ってZまでの段階で評価されています。

無色透明なほど希少とされていますが、逆に色が濃いダイヤモンドはファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれ
単調な無色透明よりも高価な場合があります。
特にブルーやレッドなど、他の宝石と見間違えてしまうようなダイヤモンドは、通常のダイヤモンドの数倍~数十倍の価格になる場合があります。

よく見られている用語

用語一覧

ajourのメインサービス

デザインを

新しくしたい

chevron_right

壊れた部分を

修理したい

chevron_right

ジュエリーを

売りたい

chevron_right