ボルダー・オパール

ボルダー・オパールは大降りなものが多く、輝きはブラック・オパールにも引けをとらない素晴らしい遊色効果を示します。
宝石の前面は素晴らしい輝きですが、裏面は母岩の褐鉄鉱(ライモライト)で形成されています。

本来ボルダー・オパールは「ライモライト母岩つきプレシャス・オパール」が正しい表現と思われるほど、母岩の存在が重要です。
ライモライトがなければ、ボルダー・オパールの色合いは半減してしまいます。

ボルダー・オパールはオーストラリア・クイーンズランド州、キルビー鉱山区からオベールトン鉱区一帯の数百キロにも渡る半乾燥地帯が産地です。
色合い等はブラック・オパールとほぼ同じですが、母岩があるため、比較的面が大きい大振りの宝石が産出されます。

昔はライモライトを分離した研磨方法で流通していましたが、本来の輝きが半減するため、現在では母岩つきで売買されています。
ボルダー・オパールは他の宝石と異なり、重量(カラット)ではなく、石の面積で価格が決定する宝石です。
産出量が比較的多く、他のオパールに比べ、同じ価格であれば大きな宝石が購入できます。