これってOK?それともNG?結婚式に身に付けるジュエリー選びの基本

祝福に包まれた幸せな空間である結婚式には事細かにマナーが決められています。
お祝儀袋の包み方や渡し方、ドレスコードなど新郎新婦を祝福するゲストとして知っておかなければならないルールはたくさん。

結婚式にふさわしいもの、相応しくないもの、この部分だけでもしっかりと理解しておく事が大事です。

今回は、結婚式に付けていくジュエリーの基本的なマナーやジュエリーの上手な選び方について分かりやすく紹介していきます。

式に相応しい素敵なゲストとなれるよう、ジュエリーのマナーをしっかり押さえておきましょう。

結婚式に選ぶべきジュエリーは?

結婚式では着用するドレスや小物に対して細かなマナーがありますが、ジュエリーにきちんとした決まりや細かな制限があるわけではありません。


ですが、結婚式や披露宴といったフォーマルな場では、ある程度のマナーが必要不可欠。

新郎新婦を心からお祝いするには、会場の雰囲気など全てのトータルバランスを考えた装いが大切です。フォーマルな場面でよくある常識的なドレスコードと同様に、TPOに合わせてジュエリーを身に着けることは大人の女性として当然の心得ですよね。

それではさっそく、結婚式に着用OKなジュエリーについて一緒に確認していきましょう。

パールは黒を避ける

結婚式のお呼ばれジュエリーといえば、パールのジュエリーが定番。
パールは落ち着いた上品な輝きを持つため、派手すぎず、フォーマルな印象で、どんな服装にもあわせやすく重宝するアイテムです。ピンクやブルーなどのカラーパールも着用可能とされています。

ただし、黒いパールはお葬式を連想させるので不快に思う方がいるかもしれません。絶対にNGというわけではありませんが、避けるのが無難でしょう。

ネックレスは「上品さ」で選ぶ

ネックレスは顔まわりを華やかに魅せてくれる積極的に取り入れたいアイテム。
選ぶポイントとしては、鏡を見た時に胸元の印象が「上品」に見えるものが良いでしょう。

上品な輝きのある一粒ダイヤのネックレスやパールの1連ネックレスがシンプルで使いやすいですよ!昼間に行われる式では、ゴージャス過ぎない「光らないもの」を選ぶのがマナーとされる為、できればキラキラと光る物や派手すぎる物は避けましょう。


パールのロングネックレスは使い勝手がよく、アレンジして着用することができます。昼の式では短めの3連でカジュアルフォーマルに。夜のパーティでは2連にして豪華な雰囲気を出しても良いですね。



パールを複数重ねての着用はOK!


パールを複数重ねて着用することは"結婚が重なる”=“離婚を連想させる”という考えからマナー違反と言われていました。ですがここ最近は「幸せ・喜びが重なる」という結婚式に相応しい装いとされています。
ただ、マナー違反ではなくても参列者に年齢層の高い方が多い場合や少し心配な場合は避けた方が良いかもしれません。


揺れるピアスやイヤリングもOK

 揺れるデザインは「家庭が揺れる」「安定しない」と連想して、縁起が悪いのではないかと心配する方も多いようですが全くそんな事はありません。

揺れるデザインは見た目も華やかでドレスにもよく似合いますし、花嫁のアイテムにも好んで使用されていますよ。
ドレスやヘアスタイルに合わせて選んだピアス・イヤリングなら積極的に身につけていきましょう!

ブレスレットは花モチーフを避ける

ブレスレットは、パールやゴールド、プラチナなどの貴金属のもので上品にまとめるのが基本です。

注意する点としては、「花モチーフは避けること」。生花を身につける花嫁も多いので、花のモチーフは避けましょう。

婚約指輪はフォーマルな装いのひとつ

結婚式やパーティなどにお呼ばれした際に「主役より目立たない」「キラキラしたものは避ける」ことは重要ですが、自分の「婚約指輪」は積極的に身に付けたいジュエリー。

婚約指輪はフォーマルな装いのひとつですから、せっかくの美しいダイヤモンドを堂々と身に付けましょう!日頃出番が少なくなりがちな「婚約指輪」をぜひ活用してください。

ですが、自分から指輪を見せて自慢するようなことは嫌味に見える恐れもあるので控えましょう。

昼と夜で違う?結婚式でのジュエリーマナー

ここまで着用OKなジュエリーについて紹介しましたが、実は昼と夜でジュエリーのマナーが変わります。
どのようなジュエリーが相応しいのか一緒に確認していきましょう!

昼に好ましい結婚式ジュエリー

明るい昼間の結婚式では、「光らないもの」を選ぶのがポイント。ゴージャスなジュエリー類は、花嫁が身に着けるべきアイテム。ですからあまり華美なものは控えるのが正解です。

宝石なら、輝きの上品なパールやムーンストーン・アメシストなどがおすすめ。できるだけ華美にならないシックな印象に見えるものを選ぶようにしましょう。

夜に好ましい結婚式ジュエリー

夜の結婚式では「華やかさ」がドレスコード。昼の式とは逆にジュエリーもキラキラとしたものを選ぶとよいです。

夜に映える宝石はエメラルド・ダイヤなど。ラインストーンやクリスタルといった照明にキラキラと輝くものが好まれるようです。

昼間では避けられる華美なアイテムも夜であれば問題なく着けられる場合がありますよ。

やってはいけない!結婚式ジュエリー4大NGマナー

結婚式のお呼ばれって久しぶりに会う友人や親戚がいるからか、いつもより気合いを入れてドレスアップしたくなりますよね。

ドレスは完璧なのにジュエリーでマナー違反になってしまっていたら恥ずかしいし、もったいないと思いませんか?

ここでは、結婚式で特にNGとされている4つのマナーについてお話しします。

【NG1】新婦より目立つもの

結婚式で一番美しく華やかでいるべきなのは、もちろん新婦です。
キラキラと目を引く豪華なジュエリーは基本的に新婦のものと心得ましょう。

ヘアアクセサリーやネックレスなどは特に目が行きやすい場所ですから、シンプルで落ち着きのある上品なデザインのものを選ぶのがおすすめです。

【NG2】動物殺生を想像させるもの

スウェード素材や革製品などは、動物の殺生を連想させるため避けましょう。
寒い季節にはファー素材の小物を選びたくなりますが、基本的にこちらもNGです。

ただし、フェイクファーは着用可能な場合もありますので素材の確認をしてみるのも良いかもしれません。

【NG3】カジュアルすぎるもの

普段使いのジュエリーやアクセサリーは、フォーマルなシーンには不適切です。
合わせてみるとよく分かりますが、カジュアルすぎるジュエリーはドレスにも映えません。

パールやビジュー、華奢なゴールドプラチナなど、パーティーにふさわしいアイテムを選びましょう。

【NG4】時間帯に合っていないジュエリー

先ほどジュエリーは昼と夜でマナーが変わることをお話ししました。同じ宝石でも時間帯によってOKな場合とNGな場合があるんですね。

昼の結婚式では華美なジュエリーは控えなければなりませんが、一方夜の式は、華やかさが求められるので光輝くジュエリーもOK。

ドレスも昼と夜で装いが変わります。TPOをわきまえた格好でステキなパーティーを楽しみましょう。

結婚式のお呼ばれで、ジュエリーやアクセサリーはつけた方が良いの?

ジュエリーの基本マナーやNGについてお話してきましたが、結局のところ結婚式にジュエリーやアクセサリーは必要なのでしょうか?

その答えとして、「結婚式の装いにジュエリーやアクセサリーを必ず身に着けなければならない」という決まりはありません。面倒なルールに縛られて無理やりジュエリーを選ぶのならば、つけて行かない事を選択肢の1つにする事もできるわけです。

しかし、結婚式や披露宴は華やかなお祝いの席です。
みなさんが華やかなドレスに身をまとい、彩りあるジュエリーやアクセサリーを身に付ける事でさらに場に花を添えることができるのではないでしょうか。

持ってるジュエリーを結婚式につけていけない...!困った時はajourへ。

結婚式のジュエリーにふさわしいもの・相応しくない物について知識がついてきましたね。

着用可能なジュエリーは分かったけれど、自分が持っているジュエリーは使えないかもしれない...と困っている方いらっしゃいませんか?

そのジュエリー、もしかするとちょっとした工夫で結婚式に着用できるアイテムにできちゃうかもしれません。

ajourではジュエリーの修理やリフォームをご提案をしております。
切れて使えないネックレスや形が古くて使っていないリングなど、使えないと思っていたジュエリーも直すことで「今欲しい・使いたいジュエリー」へと作り替えることができます。

以下では、良くある修理・リフォームの例をご紹介しますので新しいジュエリーを買い足す前に、参考にしてみて下さい。

この他にも様々な修理・リフォームが可能ですので、気になる方はぜひ問い合わせフォームからお気軽にご相談くださいね◎


金具を取り替える





カジュアルすぎるアイテムは、金具部分を貴金属に取り替える事で上品なジュエリーにできます。

たとえば、イヤリングやピアス。
シンプルなデザインから揺れるタイプに変更する事が可能です。
素材をゴールドやプラチナにするだけでも落ち着いた輝きのジュエリーへと変貌しますよ。

また、壊れてしまっている留め金具も修理可能。
古いネックレスの金具は使っていなくても錆びたり壊れてしまっている事が多いので交換するのがおすすめです◎



長さを変える





長いパールネックレスは複数連にして着用する事も可能ですが、マナー違反とされていた時期もあったため"長さを変えたい"というご相談が多いです。

パールネックレスは糸を組み替える事で、長さ変更が可能。

スタンダードな長さに組み替え、余った珠でピアスやイヤリング、ブレスレットなどセットアイテムを作るとトータルコーディネートが簡単に叶います♩



素材を変える





カジュアルなネックレスやブレスレットは
使われている素材が貴金属では無い場合があります。

チャームはそのままに、チェーン部分のみを取り替えれば結婚式でも着用可能になりますよ。
ajourではチェーンの切り売りを行なっている店舗もありますのでその場で作り替えることも可能です。



カタチを変える




詳細を見る


形が古くて使っていないジュエリーを新しいデザインにしたり、リングからネックレスに作り替えたり。
リフォームではお手持ちの宝石を使用し新たなジュエリーを作ることができます。

宝石が目立ちすぎて使えないリングもネックレスに作り替えれば、華美すぎないアイテムに。

形が古くて使えないなら、使いやすいデザインへ一新することも可能です。

※リフォームは制作完成まで時間がかかります。時間に余裕をもって相談して下さいね◎


その他のリフォーム実例を見る

結婚式ジュエリーのマナーを知って、心からの「おめでとう」を伝えよう。

マナーばかりに執着してしまうとドレスもジュエリーも無難なものを選びがち。
ですが、しっかりとマナーを抑えれば周りとちょっと差をつけたおしゃれを楽しめますし、より華やかな装いができるはず。

マナーはきちんと抑えつつ、新郎新婦の思い出に花を添えられる素敵な装いを目指しましょう!

この記事を書いた人

h_takazakura
ajourプロモーション 担当

子育てをしながらジュエリーコラムの執筆をしているママライター。 以前は店頭でコンシェルジュとして接客を担当していました。 毎日ジュエリーをつけるのが楽しくなるようなコラムを目指しています!

関連記事

パーソナルカラーで見つける自分に合ったジュエリー
イヤリングとピアスは何が違う?それぞれの特徴や見分け方を徹底解説
自分にぴったりのリングサイズを知りたい!正しいリングサイズの測り方

あわせて読みたい

似ているけど何が違う?ジルコニアとダイヤモンドの違い
SNSで映える!
かわいいジュエリーはどれ?
自分にぴったりのリングサイズを知りたい!正しいリングサイズの測り方