金属アレルギーになりにくい素材とは?

皆さんは"金属アレルギー"をご存知ですか?
最近では金属アレルギーの方にも着用していただける素材のジュエリーも増えてきていますね。

じつは、金属アレルギーに悩む方というのは年々増加傾向にあるんです。
「ピアスでかぶれてしまった」「指輪で痒くなったことがある」

そんな経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

ジュエリー選ぶとき、金属アレルギーを発症してしまうのではないかと不安になるのも嫌ですよね。

金属アレルギーと正しい知識を身につければ、楽しくジュエリー選ぶことができますよ!


そこで今回は、金属アレルギーを引き起こしやすい素材や引き起こしにくい素材、金属アレルギーの原因についてご紹介していきます。

金属アレルギーって何?

”金属アレルギー”という言葉をみなさんも一度は耳にしたことがあるはず。
そもそもこのアレルギーは何が原因でどのような症状が引き起こされてしまうのがご存知でしょうか?

ここでは、金属アレルギーがどのように引き起こされるのかについて詳しくご紹介していきます。

金属アレルギーの症状と原因  

金属には汗などに触れると溶け出す性質があります。その溶け出した金属が身体の成分と結合するとかゆみやかぶれなどの異変が起きてしまいます。これがいわゆる金属アレルギーです。

つまり、汗などに金属が溶け出し体の中に入り、体のタンパク質とくっつくと、元々体にあったタンパク質とは異なるものなので、体を守るために「有害な物質だ!」と過剰に攻撃して、逆に自身を傷つけるマイナスの症状を引き起こしてしまう。ということです。

金属アレルギーになりやすい人

では、どのような人が金属アレルギーになりやすいのでしょうか?

いつも金属を身につけているという方は、もちろん身につけていない人に比べて金属アレルギーになる確率が高まってきます。


簡単な例を挙げると
「汗をかきやすい人」
「金属製のアクセサリーを日常的につけている人」このような方々は注意が必要です。

その他にも、
「口腔内に銀歯(歯科金属)を多く使用している人」は金属アレルギーの発症率が高まりますので気をつけて下さいね。



とはいえ、ひとまとめに金属アレルギーといっても原因になる金属の種類はとても多いので、一概に「金属アレルギーになりやすい人」を特定することは難しいんです。

しかし、金属アレルギーを引き起こしてしまいやすい人の多くは「汗をかきやすい」という特徴があります。

前述しましたが、金属アレルギーの原因は汗によって金属が溶け出してしまうこと。汗をかきやすい人はその原因を作りやすいことから、金属アレルギーになりやすいといえますね。

金属アレルギーにならないための素材って?

金属アレルギーに不安がある方で、ジュエリー選びに気をつけることは、何よりも「素材」!
素材を選ぶ時は、アレルギーになりやすい素材となりにくい素材を理解しておく事が重要です。

金属アレルギーになりやすい素材

金属アレルギーになりやすい素材は、ニッケルやパラジウムといった素材で、特に注意すべきなのは「パラジウム」「ニッケル」「銅」の3つです。

では、詳しくご紹介しましょう。

パラジウム

まず、金属アレルギーの方が特に気をつけなくてはいけない素材が、"パラジウム"。パラジウムは貴金属のプラチナやゴールドに混ざっていることが多くとても身近な素材です。

パラジウムはプラチナに似た白い輝きを持っているため、特にプラチナの指輪に配合されることが多く、結婚指輪として人気が高いプラチナやゴールドは注意が必要となります。

ほかにもパラジウムはホワイトゴールドやピンクゴールド、シャンパンゴールドなどの素材にも利用されていますので心配な場合は購入時にしっかりと素材の確認をすることが大切ですね。

ニッケル

金属アレルギーの原因として非常に有名なニッケル。最もアレルギーを引き起こす可能性の高い金属と考えられています。

ニッケルは汗にとても弱く、金属が汗に溶けやすいのが特徴です。またパラジウムと似た性質を持っているので「パラジウムに反応する人はニッケルにも反応しやすい」といわれています。

なお、ニッケルはジュエリーだけではなく、ステンレス製の調理器具やめがねの金属部分、硬貨などにも高い比率で用いられています。

また、合金製のアクセサリーはニッケルが含まれていることが多いので注意が必要です。

金属アレルギーを引き起こしてしまう確率はパラジウムやニッケルの方が高いものの、体質によっては銅が金属アレルギー発症の原因となってしまうこともあります。

銅が使用されている素材といえば有名なのは「ピンクゴールド」。
ですが、実は「イエローゴールド」にも銅が混ざっている場合があります。

ゴールドの種類によって銅の含まれる量は異なりますので、カラーゴールドを選ぶ際はどのような素材が使われているのかを確認すると良いですね。

金属アレルギーになりにくい素材

アレルギーになりやすい素材があるならば、もちろんなりにくい素材というのも存在します。

金属アレルギーになりにくい素材の代表としては、チタンやプラチナ、ゴールドが挙げられます。

ですがこれらの素材の中にパラジウムやニッケル、銅といったアレルギーを引き起こしやすい金属が含まれている場合は、アレルギーを起こしてしまう可能性があります。

そのため、金属アレルギーになりにくいといわれている素材であっても、どういった素材が混ざっているのかを確認し注意することが大切です。

プラチナやゴールドを選ぶときの注意点

プラチナとゴールドはジュエリーの代表的な素材。結婚指輪にもよく使われる素材ですから金属アレルギーのリスクはなるべく下げたいですよね。

ここでは、プラチナとゴールドをどのように選ぶべきかその方法をご紹介します。

プラチナ

プラチナは前にも述べた通り、そのもの自体は金属アレルギーの原因にはなりにくい素材です。

しかし、プラチナにアレルギーがなくても、結婚指輪として使う場合は「一緒に混ぜられている金属は何か」という点に注意しなければなりません。

いくらプラチナと謳っていても、微量にパラジウムが含まれている可能性はとても高いですから、その場合アレルギー反応が出ることも。
なのでパラジウムの入っていないプラチナを選ぶことが1番です。

ゴールド

プラチナと同じように、金属アレルギーにはなりにくい素材のゴールド。

しかし、カラーゴールドがトレンドになっている今、ゴールドの中にも多くの金属が混ぜられています。
さまざまな色味を出すために色々な素材が混ぜられているという事はさらに注意が必要ということですね。

カラーゴールドはブランド独自の色や輝きを出すために多くの素材を混ぜています。
ゴールド自体にアレルギーがなくても、細心の注意が必要になります。

素材以外の要因も

金属アレルギーは素材が原因と思われがちですが、素材以外の理由でも金属アレルギーを疑う接触皮膚炎を引き起こすことがあります。

①洗剤や薬品が原因の皮膚炎

例えば、食器洗い洗剤やシャンプー。洗剤含まれる界面活性剤が手荒れの原因となる場合があります。
指輪をしていなくても洗剤や薬品の洗い残しは肌荒れトラブルの原因となります。
洗剤を使うときは必ず指輪を外し、どうしても着用しなければならない時は手や指輪をしっかりとすすぎましょう。

他にもゴム手袋を使用するなど、どんなことでも対策することは大事ですよ!

②汗が原因の皮膚炎

幅の広い指輪を長時間つけていたことで、蒸れてあせもになっている場合があります。
また、金属アレルギーでも汗は大敵!

汗をこまめに拭く、指にあたる面積が小さい指輪を選んだりすることが対策となりますよ。

金属アレルギーになってしまった時の対処法

指輪を着用していて「かゆくなった」「湿疹が出てきた」という場合は、どのように対処すればいいのでしょうか。ここでは、アレルギーの対処方法についていくつかご紹介します。

皮膚科へ行く

金属アレルギー発症の可能性を感じたら、できるだけ早く医療機関へ行きましょう。どのような金属に反応しているのかは精密に検査をしてみないと判断ができないため、自己判断をするのではなく、速やかに受診することをおすすめします。
受診する医療機関は基本的に皮膚科がいいとされていますが、アレルギー症状が呼吸器系など体内に現れている場合は、内科の受診も検討しましょう。

清潔に保つ・運動する際などは着けない

金属アレルギーを引き起こしてしまう原因のひとつは、汗によって金属成分が溶け出してしまうこと。「これは金属アレルギーかもしれない」と感じたら、着用を控えて様子を見ることも重要です。「汗をかいたらすぐに拭き取る」「指輪を定期的にクリーニングする」など、清潔に保つことを心がけることも大切ですよ。
ただし、症状が辛かったり長引いたりするようであれば、速やかに医療機関を受診してくださいね。

最後に

いかがでしたか?

金属アレルギーになりやすい素材にはパラジウムやニッケル、銅が、なりにくい素材にはプラチナやゴールドなどがあります。それぞれの素材が持つ特徴を知ることで、金属アレルギーを引き起こしにくい指輪選びを実現できますよ。

ジュエリーやアクセサリーを楽しむために、この記事を通して少しでも不安が取り除けたら嬉しいです。

この記事を書いた人

h_takazakura
ajourプロモーション 担当

子育てをしながらジュエリーコラムの執筆をしているママライター。 以前は店頭でコンシェルジュとして接客を担当していました。 毎日ジュエリーをつけるのが楽しくなるようなコラムを目指しています!

関連記事

お葬式に相応しいジュエリーとは?
知っておきたいお葬式のジュエリーマナー
あなたにぴったりのパールはどれ?パールの特性に合わせた選び方を徹底解説!
幸せの贈り物。ベビーリングにはどんな意味があるの?

あわせて読みたい

ゴールドのネックレスを重ね付けした女性の首元
【お手入れ講座】ゴールドアクセサリーの変色を防ぐ簡単お手入れ
意外と知らない鑑定書と鑑別書の違い
今年はどんなバレンタインにする?おすすめプラン