今年はどんなバレンタインにする?おすすめプラン

新年の行事が終わり、次に待っている最大のイベントといえば"バレンタインデー"

バレンタインデーといえば「普段なら食べない高級チョコを食べちゃうぞ!!」なんて子どもっぽい考えに至ってしまう私ですが...
本来のバレンタインは年に一度、大切な人へ日々の感謝と愛情をストレートに伝えることができる最高の日。
そんな特別な一日にはジュエリーでも存分に愛情を表現していきたいですよね。

今回はバレンタインデー特集ということで、バレンタインの歴史や特別な一日にオススメのプランをいくつかご紹介していきたいと思います!

バレンタインデーの歴史とは

2月最大のイベントであるバレンタインデーは、大切なひとへ想いを伝えたりプレゼントを贈る愛に溢れた特別な日。

今ではすっかり日本の文化として取り入れられてきたバレンタインですが、どんな歴史があるのか知っている人は少ないのではないでしょうか。
ここでは、少し気になるバレンタインの歴史と由来を見ていきましょう。

①バレンタインデーの歴史

2月14日というのは、キリスト教司祭であるバレンティヌスが処刑された日。
この司祭の名前を取りSaint Valentine's Dayと呼ばれるようになりました。
初めは贈り物ではなくお祈りをする日として宗教的行事であったバレンタインデーですが、時を経て恋人たちのイベントとして定着していきます。

恋人たちが贈り物をし合う日へと変化していった理由には諸説あるようですが、元々2月14日は家族と結婚の女神である「ユーノの祝日」で愛の日として確立されていたそうです。
この愛の日とSaint Valentine's Dayという名前が合体して現在のバレンタインデーになったのではないでしょうか?


ちなみに余談ですが、バレンタインデーに女性が男性へチョコレートを贈る文化は、世界中で日本と韓国だけ。
バレンタインにチョコを贈る文化は1960年頃から始まったとされています。
その当時企業側がイベントに乗じて販売促進を行う目的でバレンタインにプレゼントを贈るという習慣が勧められたそう。

なんだか裏事情にびっくりですよね!


当時は女性から男性にのみプレゼントを贈るイベントではなく、渡すものもチョコレートではなかったようです。
その後、女性から男性に贈るのが一般的になっていきます。

今年のバレンタインデーはおうちで楽しむ!おすすめプラン

今年のバレンタインは、いつもと違う過ごし方をしてみてはいかがでしょうか?

外食を楽しんだりするのも良いですがたまには大切な人との時間をおうちでゆっくりと過ごすのも素敵ですよね。バレンタインならではの手料理を楽しんだり、一緒にチョコレートを作るのも良いかもしれません。

Plan1 チョコレートスイーツを一緒につくる

おうちで過ごすなら、バレンタインスイーツを一緒に作ってみませんか?ガトーショコラやブラウニーはお家でも簡単につくれるスイーツ。

できたてのチョコレートを楽しめるのでいつもより美味しく感じそうですよね♩

手渡しだと難しいチョコレートパフェをつくるのも楽しそう。ぜひ、みなさんならではのチョコレートスイーツを楽しんでみて!

Plan2 映画鑑賞などの趣味を楽しむ

せっかくの特別な日、時間を有意義に過ごしたいですよね。
大切なひとが映画好きならば2人でゆっくりと映画を鑑賞するのはいかがでしょうか?
ここ数年で動画配信サイトも充実していますから上手に活用すれば、わざわざ外に出る必要もありません。
お互いのために作品を持ち寄るのも楽しそう◎

さいごに

一年に一度の特別な日。今年のバレンタインも最高な一日にしたいですよね。たまにはおうちでゆっくり過ごして、大切な人との絆や愛をより一層深めてくださいね♩

この記事を書いた人

h_takazakura
ajourプロモーション 担当

子育てをしながらジュエリーコラムの執筆をしているママライター。 以前は店頭でコンシェルジュとして接客を担当していました。 毎日ジュエリーをつけるのが楽しくなるようなコラムを目指しています!

関連記事

クリスマスジュエリーの選び方
【最新版】春に身につけたい華やかジュエリー

あわせて読みたい

男女問わず楽しめる!
イヤーカフをおしゃれに着こなそう!
指タイプ別!似合うリングを探そう
あなたはいくつ知ってる?パールの種類とカラー