ホーム > 手持ちのジュエリーのデザイン・アイテムを変える

石を使う

お選びいただいたフレームにお石を留める方法です。フレームの選び方は下記の3種類です。

1

フレームセレクト

デザインカタログの中からフレームを選べます

こんな方におすすめ

  • サンプルを実際に見て選びたい方
    ※店舗によりサンプルの種類が異なるためあらかじめお問い合わせいただけるとスムーズです。
  • なるべく価格を抑えて作りたい方
デザインカタログを見る

2

セミオーダー

❶のフレームの一部をカスタマイズできます。

こんな方におすすめ

  • 特殊な形やサイズの石をお持ちの方
  • 費用は抑えつつオリジナリティを出したい方
  • 好みのフレームとお石のサイズが合わなかった方

3

フルオーダー

オリジナルデザインのフレームを
作成できます

こんな方におすすめ

  • オリジナルデザインのジュエリーを作成したい方
  • こだわりを全て詰め込みたい方

石を使うリフォームは下記に対応しています

選べる
フレームの素材

Pt900/K18YG/K18WG

留められる
石の種類

ダイヤモンド/カラーストーン
パールなど

作成可能な
リングサイズ

-5号〜30号まで
ハーフサイズ(0.5)対応

地金を溶かす

地金を溶かしてジュエリーを作成する方法です。

こんな方におすすめ

  • 石のついていないジュエリーを作り変えたい方
  • ジュエリー以外の貴金属からジュエリーを作成されたい方
  • 地金を使用して複数のジュエリーを作成されたい方

地金を溶かすリフォームは下記に対応しています

作成可能な
リングサイズ

0号〜30号まで
ハーフサイズ(0.5)対応

詳細を見る

元のデザインを残す

特徴的な部分を残したまま一部を作り変える方法です

こんな方におすすめ

  • 元のデザインを活かしたまま使いやすくしたい方

一部を活かすリフォームは下記に対応しています

加工不可な素材

シルバー/合金

作成可能な
リングサイズ

-5号〜30号まで
ハーフサイズ(0.5)対応