鍛造製法で仕上げる

tokuのリングは、全て"鍛造製法"と呼ばれる加工方法で作成します。鍛造製法とは、金属の塊を叩いたり、伸ばしたりすることで、金属を鍛えながらリングを作成する方法のこと。

型に金属を流し込み固めて作られる量産の指輪に比べ、比較的変形しにくく、強度がある指輪に仕上がるのが特徴です。

加工の流れ

01

検品

検品・X線検査・重量チェックを行ったお品物を坩堝に入れて加工開始です。

02

溶かす

バーナーで金属を加熱し、溶かしていきます。

03

塊にする

1つの金属の塊になります。

04

叩く

金属に熱を加えて柔らかくしながら叩き伸ばし、金属を鍛えます。

05

伸ばす

彫金ローラーに金属を入れ、棒状に伸ばします。

06

曲げる

棒状になった地金を芯金にあてながら叩き、リング状に曲げます。

07

ロー付け

切断面をロー付けします。

08

磨き・表面加工をして完成

デザインに合わせて磨きや表面加工を行い完成です。

tokuの3つの特徴

1
お持ちの貴金属を溶かして
リングを作成する。

3
デザインはカスタムオーダー式。