マフラーとジュエリーの上手な組み合わせ

マフラーとジュエリーの簡単組み合わせ技

寒い日の必需品、マフラー・・・しかしマフラーを巻くと耳にひっかかりピアスやイヤリングが楽しめないことも。
オシャレと暖かさを両立させたい方におすすめなアイテムや組み合わせのコツをご紹介します。

ジュエリーにひっかかる!どんなピアス・イヤリングを着ければいいの

マフラーを着けているとピアスやイヤリングにひっかかる・・・
マフラーから糸が出てしまったりジュエリーのパーツが取れてしまった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな時はひっかかりにくさを重視した「フラットなデザイン」のものを選ぶことをおすすめします!
フラットで大きめなデザインはマフラーにうもれずコーディネートのポイントとして活躍してくれます。

耳元のジュエリーとマフラーで視線を上に集中させるとスタイルアップの効果も。
小物を使っておしゃれを楽しみましょう。

大きめなデザインが苦手な方にはプチサイズのアイテムがおすすめ

派手なジュエリーは付けられない、苦手な方にはプチサイズのアイテムが◎

きらりと光る1粒デザインのピアス・イヤリングは引っかかる心配もなくちょこんとしていて可愛らしいです。

万が一ひっかかってしまっても安心なのがフープタイプ。落ちづらさはナンバーワンです。

なるべく細かな装飾のついていないデザインを選べばひっかかりにくさとおしゃれさを両立することができます。
1粒パールのデザインはひっかかりにくく存在感もあり、秋〜冬にかけて使いたいアイテムのひとつです。

いかがでしたか?

暖かさとおしゃれさを両立してお気に入りのジュエリーで冬を楽しく過ごしましょう!

この記事を書いた人

h_takazakura
ajourプロモーション 担当

子育てをしながらジュエリーコラムの執筆をしているママライター。 以前は店頭でコンシェルジュとして接客を担当していました。 毎日ジュエリーをつけるのが楽しくなるようなコラムを目指しています!

関連記事

周りと差をつける!ジュエリーコーディネート術
【ジュエリーリフォーム】タンスにしまったままのジュエリーを使おう!
パーソナルカラーで見つける自分に合ったジュエリー

あわせて読みたい

イヤリングとピアスは何が違う?それぞれの特徴や見分け方を徹底解説
汗や皮脂をそのままにしないで!劣化を防ぐ上手なジュエリーメンテナンス方法
指タイプ別!似合うリングを探そう